会社設立

会社設立

株式会社などの法人の設立には、メリットとデメリットがあります。
最低限知っておきたい部分を簡単にまとめました。

会社設立のメリット

■信用度が高い
→これが株式会社を作る一番のメリットでしょう。法人でなければ取引不可の企業もあります。

■節税の選択肢が広くなる
→個人事業の時は経費として認められなくても法人では経費として扱えるものがあります。

■所得税と法人税のバランスを見て手許に残るお金を最大化できる
→それぞれの税の仕組を利用してキャッシュを最大化することができます。

会社設立のデメリット

■社会保険料等
→従業員を雇うコストが増えることがあります。

■法人住民税の均等割
→赤字であっても最低年間7万円を納めなければなりません。

■報酬
→社長の給与は原則として1年間変更できません。

■必要な手続きが多い
→源泉徴収の納付や各種保険の手続きなどやるべきことがとても多いです。

まだ売上げや利益計画に確実な見込みがない場合は個人事業主から始めるのも良い選択肢です。

会社設立の流れ

  1. 商号・事業目的・住所・発起人・役員など必要事項の決定
  2. 発起人の印鑑証明を用意する
  3. 商号を決定し代表印を作成する
  4. 定款を作成し発起人が署名押印する
  5. 公証人役場で定款の認証を受ける
  6. (当事務所が代理にておこないます)
  7. 出資金の払込を行う
  8. (定款の認証後に行うので注意が必要です)
  9. 登記書類を作成し、代表印を押印する
  10. 法務局で登記申請を行う
Return Top